川浦(かおれ)渓谷と五石けいちゃん 黒田(くろんだ)峠は挫折しました。


18日日曜日。

この天気で自転車乗らなきゃいつ乗るんですか?という予報である。

土曜日までの疲れ、正直残ってた。

03:30に目覚ましが鳴る。 が、予想通り起きることができず。

04:30に目が開くが、身体が布団から出ることを拒む。

ストレッチをしつつ、何とか06:00に家を出る。


岐阜城が見えるところまで来たものの、未だ身体が重い重い。
真剣、このあたりまで引き返そうか考えてた。




やめよかどうしようか・・と考えながらも、脚はそれなりに動くようになってきて、


坂の峠を越えたあたりで、やっと身体が「しょうがねぇなぁ」ッて感じで動いてくれたw

ま、せいぜい23km/hくらいの速度で・・なんだけど、よたよたと板取川沿いのR256を遡っていく。


天気は上々、景色最高、気温もグングン上昇。でも山の中なので蒸し暑さはない。絶好の
自転車日和。

だけどこのコースはあまり自転車乗りに人気がないのか、抜かれたのは一人だけ。
すれ違ったのは2,3人。
R256はタラガトンネルへ向かう道。ここから県道52号線に。
じわじわ上る道に若干閉口しながらもきもちいいな~と堪能しながら川浦渓谷に到着。

お知り合いのkanbeyaさんオススメスポット。一度来たかった。




標識どおりに道を折れて、じわっと上って、



素晴らしいです。ワタシのカメラの腕ではなんともその素晴らしさが伝わらないのが
とても残念。これはぜひ生で見てもらったほうがw




しばし絶景を味わって、身体はちょっとお疲れだけどまだ時間に余裕があるので、

ここからはアドベンチャー覚悟の、郡上大和まで峠越えるプラン。

ファミリーやグループで賑わう釣り堀を横目で見つつ、熊鈴をセット。

予備知識では道は荒れてて通行止めで小枝やガレ石ゴロゴロ・・を予想して
身構えて上り出したんだけど、

あれ、車が通って来る。。

あ、セブン(オープンなやつね)が走ってきた・・

整備されてるのかな・・・

道路標識は、「通行注意」になってる。

お、行けそうじゃん。

カランコロン言わせながらゆっくりゆっくり上っていく。

と、

こんにちはぁ!と後ろからローディ、というかアスリートさんが。

トライアスロンのバイクで、ひるがののソフトクリームを食べに行くという。

「この道、通れますよねぇ」と、私に話しかけてくれる。

「えぇ、道はあってますね。安全に通れるかはまだわかんないですけど。」

と、しばらくワタシの鈍足に付き合ってくれた。

所々に、明らかにサルや鹿ではない糞が転がってる。
熊鈴、持ってるだけでも精神的に正解。怖いですねぇとお話ししてると、
斜度がきつくなってくる。
もうワタシは無理ですからと伝えると、「頑張ってください!」とにこやかに。


アスリートさんがあっという間に見えなくなって、また一人旅。

つづら折れが始まる。8~9%ってところだろうか。


つづら折れの終わり辺りに、四駆の集団が止まってて、もうちょっとだぞと
声援を受ける。道は綺麗に整備されてて、ごくたまにがれ石が落ちている程度。
路面の心配はしなくてよさそうだ。

もうちょっとが遠い~w


板取と大和町の堺に。ここでピークかとおもいきや、もう一段上ってました。

精神的に来る峠ですなw

精神的にもだけど、ここまでじわじわ上ってきたせいか、割としんどい。


見晴らしは良くないものの、ダイナミックな山間の景色が励ましてくれます。

で、ピークを迎えて一旦下り、もう一つ狙ってた黒田(くろんだ)峠に差し掛かる。


下にある道が県道52、上に上がってるのが旧52号。


この分岐で悩む。このまま橋を渡ればトンネルで下り。
ここまで来て・・と少し旧道に入ってみると、すぐ濡れた道に枯れ木や落ち葉が散乱の
キケンな匂いがプンプン。

4年前なら行ってたんだけどな~・・・

齢をとりました(笑)

くろんだとうげは断念して、トンネルでお気楽に通過して、


トンネルを超えて少し下ると、御岳が綺麗に見えました。


路面はとても整備されてるので安心して下りて行くことが出来た。

もう上らなくて済みます。

時間はお昼少し前。予定よりも頑張ったかね。おなかも空いたので、



けいちゃんでお昼ごはん。これとご飯で820円。リーズナブルでお腹いっぱい。

もう脚は売り切れてます。


長閑な景色を見つつ、


長良川沿いを川に流れる枯葉のように下って、


子宝温泉によっぽど入ろうかと思いつつ、輪行袋持ってないのでぐっとこらえて



何とか美濃まで辿り着き、道の駅で酸味の効いたいちごソフトで癒されて


川遊びで賑わう美濃橋下を見て、いつものルートでなんとか帰宅。

今思うと黒田峠、惜しいことしたかな~。
もうちょっと鍛えて再チャレンジ・・・しばらくはいいです^^;

この日のルート

コメント

  1. himiyosiさんも絶景を堪能されたようですね!


    私も むか~し、祖師野から郡上大和 → 板取 へと走ったことあります。
    山深い峠を抜けたらいきなり 良い道が現れてビックリしたものです。
    ダム工事のダンプが怖かったです。

    五石のケーチャンがセットされてたとは! 一度行ってみたいお店です!

    返信削除
    返信
    1. >とまぢふさん

      いや、乗鞍と比べちゃうとやっぱり(笑)
      とまぢふさんは黒田峠、越えられたんでしょうか?峠の石碑がやはり気になります。
      でももう一回すぐ行けと言われちゃうとちょっと考えちゃいますw
      ワタシ、食べ物入れないと走れないんです(笑)

      削除
  2. 8~9%ってところでしたか。やはり私には厳し過ぎますね。行かなくてよかった、ホッ。
    しかし、その先には美味そうなケイチャンはそそられます。
    もう少し脚が頑丈になったらチャレンジしてみます。

    返信削除
    返信
    1. >kanbeyaさん

      いやいや、kanbeyaさんなら大丈夫だと思いますよ。激坂までは行かないです。
      あの渋峠に比べれば(笑)
      鶏ちゃんは美味しかった~。安いし。
      道が本当に整備されてて走りやすかったのが救いです。

      削除
  3. 輪行袋なしで遠出されるとは、漢ですね~!
    それも山の中を走っての176km、すごいです。

    以前のひみさんなら、間違いなく黒田峠に逝っていたと思いますw
    よほど日々の仕事で疲れちゃってたんでしょうね。

    返信削除
    返信
    1. >hideさん
      長鉄は遠回りになるので利用しづらいんですよね。荷物減らしたかったですし。

      そうですね。。。鉄じゃないからかなー(笑)

      削除
  4. 川浦渓谷は 景色が良さそうですね
    一度行ってみたいんですが
    名古屋からは 遠いんですよね!

    鶏ちゃん 美味しそうですね!
    そこから 輪行はちょっときついですよね (笑~~~

    返信削除
    返信
    1. >kumaさん
      川浦渓谷、ホントいいところです。岐阜まで輪行だとこのコースが行けるんじゃないでしょうかね。

      長良川沿いは自転車で通らないともったいないでしょう。なので燃料投下はナシの方向でw

      削除
  5. 五石でしたか、しかも厳しいルートで!
    僕は裏156川の流れを眺めながらがイイかなぁ〜もちろん水口◯店に寄り道して(笑)

    返信削除
    返信
    1. >asanoさん

      asanoさんなら、このルート楽勝じゃないですかね~。
      同じ道で帰るのはつまらないでしょ?(笑)

      削除
  6. 山の景色の連続ですね、渓谷のせせらぎが聞こえてきそうな写真ですね。
    糞の持ち主は・・・一目会ったら怖いですね!
    それにしても、良い週末でした、青い空と白い雲が印象的です!
    けいちゃんは食べ応え有るよねぇ~。

    返信削除
    返信
    1. >kumoさん
      渓谷のせせらぎと小鳥の鳴き声と、この日は初めてキツツキのドラミングを聴きました。
      種類は当然、分かりませんがなかなかスゴイ音なんですねぇ。

      家に帰ってから糞の種類を見てみたんですが、熊でもなさそうな・・なんだろね・・・

      鶏ちゃん、一人前で超満足でしたよ。

      削除
  7. 素晴らしいコースですね。勾配を除いて・・・

    空気も美味けりゃ、鶏ちゃんも美味い。
    よくぞビールを我慢出来ましたね。

    返信削除
    返信
    1. >いまさん

      富士山を回るようなお方が何をおっしゃいますやら(笑)
      ビールは家に帰ってから、味を思い出しながら・・なんてことはしなくても十分美味しかったですよw

      削除
  8. 前から走ってみたかったコース!
    通行止めじゃないんですね (゚∀゚)
    さっそく明日走ってみたいと思いますw

    返信削除
    返信
    1. >the_32oさん

      うん、きれいな道だったよ~。
      熊鈴持っていったほうが安心だよ~。気をつけてね。

      削除

コメントを投稿