2014春 讃岐うどんツアー

もう、必ず春と秋、お約束になった讃岐うどんツアー。

今年も春がやってきて、ムラムラと企画して、
11日の金曜日はもう仕事どころではない、魂はとっくに香川県へ。

22時過ぎ、一宮駅に集合、魂を追いかけるように発進。

とはいえ同行して頂く方々は一家の大黒柱の皆さんなので、
万が一もあってはいけない。時速90km/h±10での安全運転で。

途中仮眠を取ったり。レンタカーのリアヒーターのスイッチが分からず
皆さんに寒い思いをさせつつ。  


04:45、瀬戸大橋を通過して魂に追いつく。

天気は晴れとの事だったが、イマイチな曇り空。

ま、雨が降らなければよしとしよう。





お約束の朝うどんのお店は、高松市のさか枝。


05:15です。ふつーに人がいます。


うどんをもらってお金を支払い、つゆをじゃじゃっと。
さっぱりいりこダシで、朝に最適なお店。

今回はワタシ達のグループと、ワタシがいつもお世話になってるグループの2班態勢。
それぞれのプランでうどん屋を巡って、夕方の2次会は一緒に、という魂胆。

もう一つのkumoさんチームは一軒目をバカ一代に設定してるとの情報を入手していたので、
私達も襲撃に。


ここで最近評判との、「釜バター」

釜揚げうどんにバターと卵、黒胡椒が乗ってます。

うどんのカルボナーラですかね。 これはこれであり。

開店と同時にすさまじい行列。6時過ぎですが・・

さぁ、今回のデポ地は


道の駅恋人の聖地うたづ臨海公園



恋人の聖地にむさ苦しいおっさんたち10人が降り立ちますよw

ここからふた手に分かれて各々のプランで。

まずは丸亀城址を眺めつつ。


善通寺方面へ。
三軒目は宮川製麺所。

うどんの量を言っておばちゃんに丼にうどんを入れてもらって、

トッピングをして、汁は自分ですくって入れるんだけど、
鍋の底にいりこがそのまま沈んでて、これももちろん丼に。


いりこたっぷりのうどんが出来上がり。 いりこ好きには堪らない。
うどんはあまりエッジの立ってないまあるいうどん。優しい喉越し。いいね~。

善通寺を横目で見ながら(今回全く観光してませんw)
自衛隊善通寺駐屯地の横を通過して麻坂峠をさくっとクリアして三豊市へ。

ここで前回訪れてはまってしまった須崎食料品店。


食料品店のすみっこをズズッと入って行くと、奥に厨房があってうどんを作ってます。
小さな娘さんや息子さんが手伝いでうどんを運んできてくれます。かわぇぇ。

薬味と出汁を入れて、表に出てズルズルと。



なんでしょうね、どうしてこんなに美味しいんでしょうかね。

ここで早くも一人、麻坂峠にやられてしまってNさんがキャンセル。
うどんツアー初めてなので無理もないですが^^
他のメンバーがそれを見て、「まさかこの店でキャンセルとか・・」「こんなにうまいのにもったいない」とか総攻撃。

とりあえず一本だけでも、味わっていただきました。


まんのう町との堺の峠で、そのNさんのリアホイールに不調。
縦振れが出てしまってフレームに当たってしまうよう。

見てみるとニップルがありえないほど緩んでた。
横振れもかなりあり、ブレーキシューにもがんがん当たる。

ニップル回し、持ってないしなぁ・・・

と、

同行のIさん、「持ってますよ」と。

さすがジテツーマスター。準備が違います。

何とか手探りで縦振れも横振れも問題無いくらいにまで戻すことができてやれやれ。

ここからは様子を見ながら。 なにせワタシのやったこと、自信がありません^^;

でも一日、もってくれたです。



金毘羅さんの入り口だけ見て、


香川の風景を楽しみつつ、向かうは超メジャー、山越。


並んでますなぁ。 こんな並んでる時に来るのは初めて。
でもそれほど時間は経たずにうどんをげと。


ここは何と言っても釜玉で有名になった店、ですが、

かけも美味しいんですよぉ。
最近は来るたび「かけ」で。

さぁ、お次は田村。
前回は時間切れ、タイムアウトで残念な結果になったので今回は。


営業してました~^^


デポで温めるんだけど、ワタシはいつもそのまま。このコシと弾力がたまらない。


美しい麺ですねぇ~。

まだまだ行きますよぉ。

次も超メジャー、がもう。

が、


残念。。13時前だったのに。
さすが土曜日&超有名店。恐れ入りました。

めげずにこの日ラストの「うぶしな」へ。

宇夫階神社の境内にお店があります。


の、左側に、


いい感じですねぇw


ここではがもうを食べられなかった分と、自分のご褒美に(なんのw)
肉うどんをおごりましたよ。

甘めのだしになってこっれもまぁ美味しいこと。

14時過ぎに恋人の聖地に到着して、kumoさんたちを待ってる間、のんびり
景色をみて遊んでました。


瀬戸大橋を眺めて、



復元塩田では、本当に塩つくりをしてました。
そうこうしてるうちにkumoさんチーム到着。


どうやらkumoさんのりあホイール、スポークが最後の店で飛んでしまったそうで。
同じような問題が発生して、なんかね、面白いって言っちゃあれだけど不思議。

ここからは10人でこれまたお約束の仏生山温泉天平湯でまったり。
その後は


たあちゃんで大将渾身の骨付鳥を頂いて、健康村のカプセルでぐっすり。


あくる日は朝から生憎の雨模様。

自転車でのうどん巡りは断念して、車で移動。
再び各々のコースを巡ることになるんだけど、

まず一軒目はどちらも絶対外せない、大平製麺へ。


昔の土間のあるお家の中に入って行くと奥でとてもやさしい老夫婦がうどんをこしらえてます。

私達のような者のために、丼や薬味、つゆを準備してくれてるんです。

もちろんうどんは至極です。やさしい優しい、身も心も和むうどんです。


この方たちの顔を見ていただければ、その素晴らしさが分かって頂けるでしょうか?w

二軒目は「よしや」へ


ここも朝からすごいにぎわい。
いつもはひやひやを食べるんだけど、この日はひやあつ。安定の美味しさ。
時間はまだ7時半。

ちょっと時間が開いてしまったので、作戦会議を兼ねてガストでコーヒータイム。
次はどこに行きましょうか?

と、昨日須崎を逃したNさんが是非に須崎へ行きたいとのことで。

行きましょう^^


あはは、連日須崎。


今日は温玉をトッピング。文句ないです。

その後鳥坂まんじゅうをおみやげに買って、


この看板にピンときたら讃岐うどんツウでしょうか?
善通寺の山下うどんへ。

改装して少し南へ移動したんですね。改装して初めてです。



もちろんここではぶっかけ。レモンでさっぱり頂けます。

で、さぬきうどんツアー、大トリは


外せません。


たらいうどんを皆で食べてフィニッシュ。

時間は12時。いい時間です。

また秋に。 次はどこに行こうかすでに思案中w


コメント

  1. ブラボーなうどんツアー。
    ひみさんのうどんへの”愛”を感じずます。

    献身的な程のおもてなしツアー、また楽しみにしています。

    返信削除
    返信
    1. >いまさん
      喜んで頂けましたでしょうか?(笑)
      ホント、美味しい店ばっかりで迷います。次はどこに案内しましょうかねー。

      削除
  2. 今回も美味そうなうどんばかり・・・いつもhimiさんのブログを見ながら讃岐うどんツアーを妄想しております。なかなか行けないんだけどね。

    やっぱり自転車で回るのがお手軽でいいね。お腹も空くし。

    返信削除
    返信
    1. >kanbeyaさん

      車だと効率よく回れる反面、感動が少し少なくなっちゃう気がします。
      自転車だと駐車場の心配も要りませんし、ないよりお腹が空いて美味しさ倍増ですね^^

      削除
  3. 鳥坂まんじゅう私はは、できたてのアツアツを2つだけ食べたんだけど、めっちゃ美味かったです。
    お土産で買ったやつは翌日、硬くなっていました;;
    硬くなっても全部食べたけどねw

    返信削除
    返信
    1. >hideさん
      鳥坂饅頭、もう夜には固くなってました。水振ってラップしてチンして美味しく頂きました。
      次は谷米、行きたいです。

      削除
  4. たあちゃんからの 運転 毎度ながらありがとうございます
    おかげで たあちゃん&ビール 最高でした

    讃岐うどん まだまだ 美味しい店がいっぱいあるんでしょうね
    また行きたいですね

    返信削除
    返信
    1. >kumaさん

      いえいえ、たあちゃんではこの役で十分ですよ^^
      皆さんの楽しいお姿を見てるだけでシアワセですw

      また行きたいですね~。
      行きますけどねww

      削除
  5. また本場へ行かれたのですね!
    カルボナーラ風は邪道な気がしますが美味いんでしょう^_^
    現地での走行距離が気になります(笑)

    返信削除
    返信
    1. >asanoさん
      もう恒例ですねぇ・・年に2回は行かないと(笑)
      そうですね。変化球ですね。やはり基本のメニューがよろしいかと。

      現地の走行距離ですか?


      66km・・・・走ったかなぁww

      削除
  6. こんばんは、都合3日間のツアー、企画、準備から運転、おもてなしまでとても大変だったと思います、読んでいてひみよしさんの讃岐うどんへの情熱と愛情を感じました、是非ご一緒して本場を堪能してみたいです。

    返信削除
    返信
    1. >まるまえさん

      遅れてすいませんです^^;

      いえいえ、讃岐うどんファンが増えるのなら、これくらいのことは惜しみませんよ^^
      次回機会があればぜひご一緒しましょうね。

      香川への愛が深すぎて、降水量日本一少ないところに雨を降らせてしまうのが難点ですがw

      削除

コメントを投稿